愛猫の爪とぎ行動で困ったことはありませんか?猫のタイプによって、解決策が違ってきます

爪とぎ素材を準備しセッティングしても、そこで爪とぎをやってくれない猫ちゃんは多いと思います。そういった場合の爪とぎの対処法をお話します。

愛猫の爪とぎが原因で、壁や家具がボロボロになってしまっていませんか?

カーテンやソファなど猫はなぜかしてもらっては困る場所で爪とぎをしてしまうことがあります。
気がついたら家具がボロボロに、なんてことも。
どうすれば防げるのでしょうか。

そもそもなぜ爪とぎをするのか

いくつか理由があります。
爪のお手入れのため、縄張りを示すため、気分転換やリラックスのためなどです。
爪をとぐ行為は猫にとっては大切なことです。
お手入れは獲物を獲る時や喧嘩に備えて、他の猫がいなくても縄張りを示すのは本能ですし、人が寝起きに伸びやあくびをする感覚で爪をとぐこともあります。
しかし飼い主としてはできれば決められて爪とぎ場でやってもらいたい。
ではどうすれば良いのでしょうか?

まずは猫に教えてみる

ここが爪とぎポイントだよと教えてあげます。
猫を捕まえて前足をつかみ、爪とぎポイントで爪をとぐしぐさをさせます。
時間を置いて何度かチャレンジすると大抵の猫は爪とぎ場を覚えます。
また爪とぎ場にマタタビの匂いを付けておくのも良いです。
もし何度やっても駄目な場合、その爪とぎ素材が猫に合っていないことが考えられます。
猫によって段ボール系が好きな猫、カーペット系が好きな猫など好みが分かれるようです。

置く場所や置く数も大切

猫によって性格が違い、目立つ場所で爪とぎしたい猫と見られずにこっそりしたいタイプがいるようです
あなたのネコちゃんがどちらのタイプなのか考えて爪とぎを置く場所を決めましょう。
またできれば複数置いた方が良いようです。

猫がしてほしくない場所でしてしまったらどうすれば良いのか

後で気付いてから怒ってもあまり効果はありません。
猫はなぜ怒られているのか理解できない可能性が高いです。
もしあなたの目の届く範囲で、猫がポイント以外で爪とぎしようとしていたら、止めさせましょう。
何度も何度も繰り返すうちに猫はここでは爪とぎができないということを学びます。
できれば子猫のうちに爪とぎ場所を覚えさせると良いようです。
猫がポイントで爪とぎをするようになったらなるべく、その場所を移動させないようにしましょう。
あちこちの家具で爪とぎしている場合、あなたにかまってもらいたいのかもしれません。
最近愛猫と遊んであげていますか?
その困った爪とぎの原因はストレスが溜まっているからなのかもしれません。

スポンサードリンク:種類の多いドッグフードオリジンが人気