出会い系アプリの頑張り方

出会い系、マッチングアプリが浸透して久しいですが、どうやったら出会える、それも好きになれる人と出会えるのか、というのは誰しもが気になるところだと思います。そんな出会うコツから付き合うコツまでをご紹介します。

写真とプロフィールは大事

男性も女性も、写真はかなり重要です。
なかなか見た目に自信がなくて顔写真に抵抗があるという人も多いかもしれませんが、まずは顔がわからないと連絡をしたい気持ちになれませんので、必ず顔がわかるものを使用しましょう。

写真は、顔がはっきりわかるのはもちろん、自然で優しい印象のものがいいです。
1番いいのは、自分ではなく、友達などに選んで貰うほうがいいでしょう。

その方が、他人から見て印象の良い自分というのが分かります。自分では顔の欠点ばかり気にして長所に気づかないものですので、友達を頼るのがおすすめです。
プロフィールは、自分の特徴を分かりやすく書きます。長すぎると必死に見えてしまうため、短めで食べ物の話などに触れるとよいでしょう。

なぜなら、メッセージのやりとりをするときに食事に誘いやすいからです。会話のきっかけになるので、必ずしも一言添えるのをおすすめします。

メッセージから会うまでは1週間

これは、1週間で会わなければいけないという意味ではありません。
だらだらとメッセージを続けるより、1週間を目安に会ってみることをおすすめします。

なぜなら、あまり時間がたつと、本当に会話だけで終わってしまうからです。
もしも、少しでも印象がいいなと思ったならば、それは自分以外にも誰かに好感を持たれている人、ということです。もちもメッセージがいい感じだったのに誰かに先をこされてはもったいないですよね。そのため、期限を決めて勝負にでましょう。

会ってからとまとめ

デートをしてからは、もう人としての魅力が勝負になります。マッチングアプリに慣れている人は同時進行で恋愛などは当たり前です。
なるべく勇気をだして、好意をアピールすることが望ましいです。また、逆にひっかかるところがあれば、あっさり引いても良いのです。

これはマッチングなので、気軽に人と接することが大事です。それによって自分の望みや好みもわかってきます。
まずは気軽に人に会うつもりで、気楽に楽しみましょう。

不思議なご縁もあるものです

婚カツ、恋活、皆さんはいかがしてますか?
出会いたくてもなかなか自分だけではどうしようも無い。

そんな時こそ出会えるツールに頼るのも手です。
私は婚活、恋活をしている中年の女性です。

歳も歳なので、正直のところ半ば諦めかけていました。
そしてすがる思いで婚活アプリというもの使ってみたのです。

アプリは沢山ある

こう言ったものは若い世代の登録がたくさんありますが、年齢が少し高くなってしまうと登録者が少ないのだろうと心配がありました。
しかし、以外にも使用している人が多いらしく登録してからまもなく数人の男性と出会いのチャンスはありました。

私が使用しているアプリはGPSで位置情報が分かるというものです。
ですからお互いが近くにいると携帯で確認ができます。

実際に出会えた

私が住んでいる場所は関東郊外なため、東京の雑居ビルが入り組んでいる場所とは違って、少し脇道に入ると人通りが少ないところがあるのです。
そう言ったところだと、解りやすく出会えるのですが、最近ではネットで知らない人と出会うのが事件に繋がりますから、ちょっと怖いですね。

そんな訳で、私は考えました。例えば毎朝同じ時間に同じ場所ですれ違う人なら通勤でそこを使っている可能性が高く、しばらく様子を見てみようと思いました。
そして、確認できる人が現れたのですが、やっぱりどの人だか解りません。

そんなある日、GPSがずっと動かない人がいたのです。不思議に思ってその場所の付近まで訪れました。
すると、道路の脇にスマホが落ちていたのです。

諦めていたその時、奇跡が!?

私はそれを拾って警察に届けました。ちなみにGPS機能があるとかそう言ったことは言わずに、ただ「スマートフォンが落ちていたから届けた」と伝えました。
数日後、スマホの持ち主が見つかったと連絡があり、その人から連絡が入りました。
そしてそれをきっかけに知り合いになりました。

アプリのことは伝えてはいませんが、実はアプリで繋がっている訳です。それでも、やっぱりアプリのおかげ!
不思議なご縁でしたが、今では仲の良い友達以上、恋人未満の関係です。

生活地域で良い方法が変わってくる出会い

出会いは生活地域で良い方法が変わってきます。そのためにメリットを上手く使うことで、出会いに繋げていくことが出来るようになります。

大都市圏が生活地域の人の出会い

婚活パーティーなどの会場は都市圏で行われることが多いために、出会いを求めやすい環境になっています。パーティーは色々な所の主催で頻繁に開催されているので、生活に合わせて参加をすることで自然と出会いの機会を増やすことが出来るようになります。時間帯も終業後に参加できるものも多いために、参加が容易に出来る環境になっています。しかし出会いの場が多いのは良いのですが、参加回数を増やすと費用がそれだけ掛かってくるために、良いものを厳選していくことも大都市圏では重要です。出会いの形などを考えて上手く自分に合う出会いが出来る場所を見つけることで、多くの人と出会うことが出来るようになります。

地方が生活地域の人の出会い

婚活パーティーなどは頻繁に行けない地域の人の場合には、参加可能なものが少ないために、出会いの機会が減ってしまうこともあります。そのために出会いアプリや出会い系サイトを使うことで、繋がりをアプリで付けつつも、デートなどで目的の場所に行くのも一つの方法です。アプリであれば平日や自宅などでも出来るので、繋がりを持つ機会は住んでいる場所に限らずネット環境があれば出来るためにどの地域もデメリットはありません。また、登録者も多いために、色々な人と出会いのきっかけにすることが出来るので、地方のデメリットを無くすことができます。そのために繋がりを作った上で週末など休みに出掛ける形を取れば、効率良く出会いが出来るようになります。

生活地域によって違う出会いのまとめ

大都市圏は人も多ければ、出会いの機会は非常に多くなっていますが、選択肢が多いために厳選が重要です。また、地方は機会がどうしても少なくなってしまいますが、アプリなどを使用することで出会いの機会を増やすことが出来るので、住んでいる地域によって上手く使い分けることで出会いを増やすことが出来ます。そのために生活圏などで良い出会い方を模索していくことが、良い出会いに繋げることが出来ます。