愛猫の爪とぎ行動で困ったことはありませんか?猫のタイプによって、解決策が違ってきます

爪とぎ素材を準備しセッティングしても、そこで爪とぎをやってくれない猫ちゃんは多いと思います。そういった場合の爪とぎの対処法をお話します。

猫をこれから飼い始める人は室内飼いか屋外飼いかどちらがいいの?

猫をこれから飼う人は、最初に考えるべきことがあります。それは猫をどこで飼うのかということをまずは考えたほうがいいでしょう。どこで飼うのが猫にとって最適なのか、猫だけでなく動物全般は本来ならば自然で育つのがいいのかもしれませんが、ペットとして飼うならどこが良いのでしょうか。

猫は室内飼いが増えている

猫を飼う人が増えていて空前の猫ブームとまで言われている時代ですが、昔は猫は外と家の行き来を自由にして過ごしているというのが一般的でした。理想的な環境といえるかもしれません。しかしいまは自由に外には出さずに室内だけで飼う人が増えています。何故室内で飼う人が増えたのか、その理由は感染症です。猫の感染症で猫エイズなどが広がったために、唾液から感染しますので、家の外に出してほかの猫のエイズでももらって帰ってくると大変です。愛猫を守るために外には出さずに家の中で育てているという人が増えているのです。

都会化が進んでいることも理由

また外で飼わない理由は、感染症だけではありません。都会化が進んでいることで部屋の中で飼う人が増えているのです。交通量が増えて危険な場所が多く都会化進んだ街では、猫が交通事故にあう可能性も高いですので、悲惨な目に合わないためにも、安全な室内だけで飼う人が増えているのです。猫はどこで飼うのが一番良いのか、それは臨機応変に考えるといいかもしれませんが、感染症や事故のことを考えると、大切な家族の一員である猫は家の中だけで飼うのがいいのかもしれませんね。希にリードで繋いで散歩にいったり、ゲージのみで飼う人がいるのですが、猫にとってはストレスになるので、家の中で飼うのであれば、のびのび自由にさせてあげるのがいいでしょう。それでなくても家の中でしか動き回ることができませんから、猫ちゃんが自由に行き来できるような場所を作ってあげて、躾をちゃんとすれば、人間とも十分共存していくことができるのです。

関連記事です♪

カテゴリー:猫を飼い始める前に